お問い合わせ 販売先:レッドサービス

led459@led-service.net 

製造元:円陣家至高株式会社

  • White Twitter Icon
  • Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

Copyright © 2017 led-service All Rights Reserved.

  • 燃料添加型コンプレッション向上剤
  • 通常商品であるFORCE-1の特別仕様。
  • 至高の燃料添加剤!
  • 燃焼室コーティング&シール
    シリンダー内液状コーティング剤
  • 容量100ml
  • レスポンス向上
  • 燃費とトルク向上
  • 燃焼室、シリンダー、ピストン、ピストンリングの保護・潤滑
  • エンジンの振動低減
  • メカノイズの減少効果による静粛性向上
  • ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン共に使用可能
  • ※仕様により、商品が写真と異なる場合がございます
  • (性能に問題はございません)

(業販)FORCE-1 PLUS 5本セット

¥50,000 通常価格
¥37,500セール価格
  • FORCE-1 PLUSは従来のFORCE-1の性能を見直し、過去にFORCE-1を使って頂いた事の有るユーザー様向けに、性能をさらに向上させた円陣家至高PLUS限定製品です。

    FORCE-1 PLUSはPTFEなど粒子成分を全く含まない非塩素系のコンプレッション復活及び潤滑剤です。開発テーマは燃焼室の完全シールドです。

    機能は機械加工では得る事の出来ないピストンとシリンダーのクリアランスを埋めコンプレッションを高めます。

    非常に特徴的なのは、液状のまま燃えることなく燃焼室内に留まり、ピストンとシリンダーの隙間をシールドします。 今まで不可能と言われていたピストンとピストンリングとの隙間に入り込み潤滑を可能としました。又、この隙間に入り込むことで爆発圧力の漏れをほぼ100%防ぎます。

    特異なフローティング効果によりピストンスラップ音(カタカタ音・ノッキング音)を低減しエンジン騒音を減少させます。

     

    ガソリンエンジン・ディーゼルエンジン共に使用できます。

    ※ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比べて圧縮圧力が高い都合で効果持続はガソリンエンジンに比べて短めになります。

    ※圧縮ガス燃料・液化ガス燃料を使用した自動車(CNG、LNG、LPG等)及び電気自動車にはご使用になれません。

     

    3000cc以上の排気量のエンジンには2本添加して下さい。

    ※1本でも十分効果を発揮しますが、排気量が大きくなると添加量が不足になってしまいます。

    2本添加して頂いた方がより効果を体感出来ます。

    目安は3000ccに対して1本です。

    6000ccなら2本添加して下さい。

    1本目を添加したら数100km走行して燃料を給油するタイミングで2本目を添加して頂くのがおすすめです。

    軽四輪等の小排気量の車両へ御使用の場合は満タンの燃料に対し

    半分(50cc)を添加して下さい

    エンジンオイル交換2回に1回程度の頻度で添加して頂けると効果的です。

    ※燃料給油毎に添加する必要は全くありません。

     

    少し専門的な話になってしまいますが・・・

    この圧力漏れを(一般に吹き抜けガスの事をブローバイガスと言います)防ぐ事により圧縮圧力が回復し、ブローバイガスがクランクケース内部に入る事を防ぐ事により(ブローバイガス中には高温高圧で燃焼し酸化した燃料や有害物質が含まれます)エンジンオイルがブローバイガスで希釈される事を防ぎます。

    ブローバイガス中に含まれるHC(炭化水素)やカーボンの吹き抜けを抑制する事によりエンジンオイルのスラッジの発生を抑制し、エンジンオイルの汚れ、性能劣化を抑えます。

     

    また、ブローバイガスを防ぐ事により、クランクケース内圧力が上がりにくくなるので、ピストンの上下運動時に発生するポンピングロス(圧縮損失)の低減効果もあります。

    さらに、各気筒の圧縮圧力のばらつきを抑え一定にする事により不正爆発を抑制しアイドリングの安定化、エンジンの振動軽減効果が有ります。

    更に、ピストンとシリンダーの隙間にオイルを張り付かせフローティングさせる事にによりオイルスリーブの様な状態になります。

    ピストンとシリンダーの隙間にオイルを滞留させることにより、燃焼した際にピストンに受けた熱を素早くシリンダーに移動させる媒体としての作用もあります。

    その結果としてエンジン温度の減少、暖気の短縮化が望め、エンジンオイルの熱劣化を抑制させる効果があります。

    エンジン騒音が低減するという事は無駄な摩擦や振動が減少していると言うのはご理解頂けると思いますが、その先の長い愛車との付き合いの中で、エンジン本体の長寿命化だけでなく不随する部品の振動や熱による劣化も抑えられる事も期待できますので、長期的な視点で考えて頂ければ、燃料コスト、メンテナンスコストを抑えられます。

     

    余談ですが、その他の効果エンジン騒音が減少する事で室内での会話が聞き取り易くなるので、会話が楽になります。

    また、エンジン振動が低減する事でハンドルや体に伝わる振動も低減しますので、運転が非常に楽になり、疲れにくくなると思います。

    チョットした事ですが、変化を感じられて、乗り易くなると運転も楽しくなってくる。

    車との付き合い方が変わってくれる事を願っています。